読み込み中…

美容整形で受けられる豊胸手術の種類は3つ

切らずに豊胸治療ができる方法とは

豊胸手術の種類は1つだけではありません。複数の種類の中から自分の体質や希望の大きさに見合った方法を選び、治療を受けてください。切開しない治療方法の一つは、ヒアルロン酸注入方法です。体内に入れても吸収されにくいヒアルロン酸を注射で注入し、バストアップを図る方法となっています。平均的には1カップ前後アップするといわれ、自然な形で柔らかさをキープできるのが特徴です。3年に1度は同様の治療を受ける必要がありますが、周囲に治療を受けたことが知られにくく、バストのハリや形が自然なため、人気が高いです。注射だけなのでダウンタイムがほとんどないのも特徴です。

もう1つの切開しない豊胸方法は、自分の脂肪をバストに注入する脂肪注入法です。ほかの部分から脂肪を吸引し、胸に注入します。定着すれば永久的にバストアップが可能です。ただし脂肪吸引のために全身麻酔が必要となります。

切開するバストアップの方法

切開手術をしても確実に治療を行える方法として、シリコンバックを使った豊胸手術があります。2カップ以上豊胸に成功するのはこの方法だけです。体内に吸収されることがないため、半永久的な効果を持続できるのが特徴となります。手術後に多少傷跡が残りますが、バストに隠れて見えないことがほとんどです。何度か通院しなければならず、自然な形のバストとなるまでに時間がかかるため、手術を受けたと周囲に気づかれやすいといいます。レントゲンに写りやすいため、治療を受けた美容整形外科でがん検診を受けることが必要です。

豊胸の種類は様々ですが、どの方法を選択しても、リスクを伴い費用もそれなりにかかります。効果が長期間持続することは、重要な要素の一つでしょう。