読み込み中…

顔色が明るくなる?顔脱毛で化粧のりの良い肌に

化粧のりが悪くなる原因

角質が硬くなりゴワついてキメが粗くなる、加齢や紫外線ダメージなどによりコラーゲンが失われて乾燥しカサつきが生じる、皮脂の過剰分泌やたるみにより毛穴が際立つなど、化粧のりが悪くなってしまう原因はたくさんありますが、顔のムダ毛が濃いというのもその一つです。毛がフサフサしていると、化粧下地やファンデーションが肌にフィットしにくくなり浮いてしまいます。黒い毛が生えている場合、顔色が暗く見えてしまうという問題もつきまといます。化粧のりを良くするためには顔のムダ毛のシェービングが欠かせませんが、カミソリで剃り続けていると肌に大きな負担がかかり、色素沈着やピリピリ感などの皮膚トラブルが起こってしまいます。そこでおすすめなのが顔脱毛です。

顔脱毛で化粧のりを良くする

顔脱毛をするとフサフサ感が無くなるのでベースメイクと肌の密着度が増し、化粧のりが格段に良くなります。ムダ毛の黒さも無くなれば顔色がワントーン明るくなり透明感もアップしますし、肌がキレイに見えます。シェービングの手間が省けて時間的にも気持ち的にも余裕が生まれ、カミソリ負けなどの皮膚トラブルから解放されるという利点もあります。顔脱毛は、皮膚科クリニックやエステティックサロンで受けることが出来ます。皮膚科で行われるのは永久脱毛に相当する医療レーザー脱毛で、エステティックサロンで行われるのは痛みが少ないフラッシュ脱毛です。確実にムダ毛を撃退したいなら医療レーザー脱毛、肌への負担の少なさと安さを重視するならフラッシュ脱毛という選び方をするのがよいでしょう。

脱毛クリームを使って、顔の脱毛をすることもできます。ただし、一般的に販売されているものの多くは顔には使用できないそうです。「顔への使用可」と表示されているものを選びましょう。