読み込み中…

顔脱毛を受けた後のアフターケアはどうすればいいの?

施術後の肌が気になる場合は薬や脱毛部位を冷やそう

顔脱毛の施術後、3日後ほどは照射した部分に赤みやかゆみが出ることがあります。ほとんどは、一時的なものであり、数時間から数日で消えるものです。気になる場合は、美容皮膚科など、医療系のクリニックであれば、ぬり薬を処方してもらえます。また、脱毛後は熱がこもりがちです。ほてりや痛みを感じる場合は、タオルに巻いた氷水や保冷剤を使って10分程度冷やすことがおすすめです。

当日の入浴はシャワーで済ませよう

脱毛後の肌はとても敏感です。熱が加わることで、肌トラブルが起こりやすくなります。特に、顔のクレンジングは洗浄力が強いものが多いといわれているので、できるだけ肌にやさしい製品を選んで、たっぷりの泡で洗うようにしてください。メイクを落とす場合は、オイルやクリームタイプのメイク落としを使うのがおすすめです。入浴後は、美容液や化粧水を使った後に保湿をしっかり行います。

保湿をしっかり行い紫外線対策は万全に!

脱毛後のアフターケアで最も大切なことは「保湿」です。保湿といっても、普段使っているクリームや保湿グッズで十分足ります。肌が乾燥していると、施術部位の痛みを感じやすくなるなど、トラブルの元になります。なので、普段よりもしっかりと保湿することが大切です。保湿をすることは、ベースメイクを長持ちさせるメリットもあります。また、紫外線による日焼けも施術中の肌には大敵です。施術後は軽いやけどをしたような状態になっています。そこに日焼けすると、やけどを重ねるような状態になってしまうのです。日焼け止めを使う、帽子をかぶるなど対策を十分に行ってください。

顔の脱毛とは、おでこや鼻、頬などの顔全体の産毛を処理することです。毛を抜くことで毛穴が引き締められ、化粧ノリが良くなると言われています。