読み込み中…

そもそもagaとは何?知っておきたいaga原因と対策!

agaとは何?原因を知りましょう

agaは男性型脱毛症のことで、思春期以降に額の生え際や頭頂部が一方、または両方とも薄くなっていきます。思春期以降の成人男性に多く見られ、原因は遺伝も考えられますが、男性ホルモン、生活習慣などの影響も原因となり、抜け毛が進行し髪の毛が薄くなっていきます。

髪の毛にはヘアサイクルがありますが、agaは、ヘアサイクルの成長期の期間が脱毛の原因となるDHTによって短くなってしまいます。ヘアサイクルの成長期が短くなると毛包が十分に成長しないため、髪の毛が長く太く成長する前に抜け、髪の毛が育たずに細く短い髪の毛が多くなるので薄毛が目立つようなります。

agaは進行性で、対策が必要です

agaは進行性で、何も対処せずに放置すると抜け毛は止まらなくなります。agaの抜け毛はゆっくりと進行し、薄毛になっても毛包が残っていれば髪の毛を長く太く育てることは可能です。

agaの主な原因に遺伝と男性ホルモンですが、他にも生活習慣も影響します。後天的な要素の生活習慣は、運動や睡眠不足、過度なストレス等を改善し、喫煙や過度の飲酒は血流が悪くなり、髪の毛に栄養が行き渡らなくなるので禁煙や飲酒を控えるようにします。

男性ホルモンへの対策も必要で、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換する酵素を阻害し、DHTを生成しにくくすることが有効です。

そのため酵素を阻害する成分配合の育毛剤などで、DHTを抑制し毛の育成のために頭皮の血行改善が大切です。市販の育毛剤を使用する場合には、DHTを抑制できる成分が配合されているかを確認し使用するようにします。市販の育毛剤では効果が得られず、逆に症状が進行する可能性もあるため、その場合には早めに専門クリニックなど医療機関を受診して治療をすることが必要です。

agaを札幌内で治すときには、クリニックの口コミを確認することが大切です。評価の高いクリニックは、スタッフの質も高い傾向にあります。